外構はプロだと高価で英国風庭は今は断念

2017年11月14日 | からshiawase | ファイル: 未分類.

イングリッシュガーデンのあるマイホームに憧れていました。ですから、家づくりの際には、余すところなく自分の希望を伝えました。とくにガーデニングについては熱が入っていましたよ。そして工務店さんは私の希望をしっかりと汲み取って、そして見積もりも合わせて提示してくれたのですが、しかし驚いてしまいましたよ。なぜかというと「とにかく高い!」からなのです。

外構って、私が思っているよりもはるかにお金がかかるのですよね…。一戸建て住宅の造作家具並みにお金がかかるものなんですよ。というか、造作家具の方が部分によっては安いぐらいです。工務店さんにしましても、大工さんたちが庭を作るのではなくて、専門の庭師の方に外注するということでしたから、それは高くなりますよね。

けれども私の思う庭をつくる場合は、工務店の方達だけではできないということで、そこはやはり庭造りのプロの手を借りなくてはならないということでした。ですから当然、「その道のプロ」に頼むのですから値段もそれなりになるということで…。

それで結局庭づくりというか、外構は「家の周りに砂利を敷く」という程度になりました。そこから先は自分で作っていこうと思っていたのですが、実は未だに新築当時のままになっています。いや、雑草が生えてしまっている分、荒れてしまったとも言えるでしょうか。定期的に雑草は刈ってはいるのですが。


コメントは締め切りました。