注文住宅にして良かった事について

結婚して、出産を機に親が所有していた土地を譲ってもらいました。

土地を譲って貰ったので、その分、住宅の方にお金をかける事が出来るので、大手住宅メーカーの注文住宅で家を建てる事にしました。

やはり、自分の理想と思う間取りに限りなく近づける事が出来た事が最大のメリットだと思います。

また、こだわりたい所にお金をかけ、逆に必要ないと思う所にお金をかけなくて済みました。

子供の成長に合わせて部屋を変えれるようにしました。

子供が小さい時は、16畳の1つの子供部屋として使用していました。しかし、2人の娘が小学校の高学年となった時にその1つの部屋をそれぞれの娘の個人部屋に簡単に分かれる仕様に最初からしていました。

子供の成長に合わせてフレキシブルに使えるので、子供達が独立し、孫ができた事を考えても自由に使えると思います。

注文住宅の全てが良いとは思いませんが、やはり将来を考えて、その時々で一番住みやすいと思う家にする事をオススメします。

例えば、その理想の間取りで、お得な建売り住宅があれば、それはそれでラッキーだと思います。